Skip to content

Josh Harris – The Greatest Internet Pioneer You’ve Never Heard Of

March 28, 2010

“We Live In Public” is an award-winning documentary about Josh Harris, the greatest Internet pioneer you’ve never heard of. The film is available at Amazon. Roger Ebert’s review of “We Live In Pubic” is inserted below. Many good lessons are in this film.

Trailer for the film:

Review
I’d never heard of Josh Harris, who is billed in WE LIVE IN PUBLIC as the greatest Internet pioneer you’ve never heard of, I can be excused for thinking Harris was the fictional hero of a pseudo-documentary, until the film quickly and obviously became authentic. It’s not often you see a doc that’s been filmed over a period of 15 years. Harris was involved in the early days of Prodigy, back in the CompuServe era, and in 1993 founded Pseudo.com, which forecast audio and video Webcasting, YouTube, Hulu and countless other streamers. He was, to put it kindly, ahead of his time. In 1993, 300-baud modems were commonplace, and 1200 was fast. Harris was a myopic visionary, a man who saw the future more vividly than his own life. He was a prototype nerd, a lonely kid who raised himself while planted in front of an old black-and-white TV set, using “Gilligan’s Island” as a virtual family to supplement his own remote mother. In the 1990s, he became one of the early dot.com millionaires, a celebrity in New York, where he threw lavish parties intended not so much for the famous as to attract brilliant and artistic kids to work for him. Pseudo.com is remembered from that time as Nerd Heaven, with good pay, perks, free creature comforts — demanding only your body and soul. He sold Pseudo for something like $80 million, and that was the end of his good timing. The filmmaker Ondi Timoner had already started to document Harris’ life, and was on the scene when he began a notorious project named Quiet. Try to imagine this: About 100 of the best and brightest he could find agreed to live 24 hours a day in a cavernous space below street level. They would be under video surveillance every moment. Their lives would be streamed on the Web. They shared dining and recreational facilities and even a shooting range. They were given state-of-the-art computers. They lived in cubicles with the square footage of perhaps six coffins. These were stacked atop each other like sleeping pods in a Japanese airport. And this was to be the future, in which we would all live virtually on the Internet. The recent film SURROGATES perhaps owes something to Harris. Remarkably, no murders claimed any of Quiet’s eager volunteers; whether any births resulted is not reported. The fire department closed him down in the first days of 2000, but Harris, not missing a beat, moved with his girlfriend into an apartment where every single room was Webcast 24 hours a day — every meal, every bowel movement, every sexual event, everything, including their (inevitable) ugly breakup. “She was only a pseudo girlfriend,” he explained later. But did she know that? By then, Harris had spent most of his $80 million and become disillusioned with living in public. He bought an upstate New York apple farm, and Timoner followed him there to find him having returned to the earth. His friends lost touch. He became forgotten as quickly as he became famous. I wonder, and the film doesn’t tell us, what he thinks of YouTube. At the end of the film, he’s living in Africa. He did, however, fly to Sundance 2009, where WE LIVE IN PUBLIC won the Grand Jury Prize for best documentary. Sundance has become a place where the visitors can barely tear their eyes from texting, surfing, e-mailing or tweeting to actually watch at a movie. What did he make of this? Harris saw it coming in the days when a Tandy 100 transmitted text much more slowly than I could read. This is a remarkable film about a strange and prophetic man. What does it tell us? Did living a virtual life destroy him? When Harris had a nervous breakdown after the WE LIVE IN PUBLIC Web experiment collapsed, was the experiment responsible? Remember Jenny Ringley? She was the pioneer of Webcams. From April 1996 until 2003, she lived her life online, getting, it was said, tens of millions.
–Roger Ebert, Chicago Sun-Times

Japanese Translation

映画評論

過去に例のない偉大なインターネットのパイオニアとして「WE LIVE IN PUBLIC」 に出演しているジョシュ・ハリスなど聞いたことがなかった。 映画があっという間に明らかに現実のものとなるまでは、自分はハリスとやらはモキュメンタリーに出てくるフィクションのヒーローだとでも考えていただろう。15年もかけて作るドキュメンタリーにはそうそうお目にかかれない。ハリスはコンピュー・サーブが繁栄していたころの初期のプロディジーにかかわっており、1993年にはPseudo.comを設立。ウェブキャストのオーディオやビデオ、ユーチューブ、フールーなどの動画配信サービスを提供した。ハリスは言わば時代を一足先に歩いていたと言っていいだろう。1993年には、300ボーのモデムは一般的で1200は速いほうであった。彼は近視性のビジョンがあり、自分の現在生きている時代よりも未来のほうがはっきり見えていた。プロトタイプのナードで、遠方にいる母親の変わりに「ギリガン君SOS」などを家族にみたて白黒TVの前に座って育った寂しい子供だった。1990年代には初期のdot.comミリオネラーとなり、ニューヨークでも有名人となったが、有名人と近づきになるためではなく自分の役に立つ聡明な若者をひきつける目的で贅沢なパーティーをよく催した。Pseudo.comは高給、繁栄、自由な精神などを誇ったナードにとって最高の時代の産物として記憶されている。体と魂を引き換えに。彼はPseudo.comを8000万ドルと言う額で売却し、それが彼の好期の最後であった。フィルムメーカーのオンディ・ティモナーは既にハリスの生活を撮り始めていた。「クワイエット」という悪名高いプロジェクトを始めたころも撮影されている。想像してみよう。1日まる24時間も地下の洞窟のようなスペースで一緒に生活して気にならない最高の明るい100人もの人間のことを。彼らは逐一監視カメラに監視され、ウエブ上で放映されるのだ。彼らは一緒に食事し、レクレーション施設や射撃練習場までも分かちあう。彼らは最新のコンピューターを与えられる。まるでかんおけのような6個の囲い部屋に住んだ。このかんおけみたいなものは日本の空港周辺にあるカプセルホテルみたいに上下に設置してある。これが我々が住む未来のバーチャルな現実だという。最近の映画「サロゲート」は多分ハリスに負うところがあるだろう。驚くことに「クワイエット」プロジェクトに参加したボランティアの間で殺人があったという報告はなく、また出産があったという報告もない。消防署が2000年の年初にそこを閉鎖したが、ハリスは臆することなくガールフレンドと一緒にアパートに移り住んで、自分達をすべての部屋で1日中24時間ウェブキャストした。自分達の行動を逐一、食事やわずかな行動や、セクシャル・エベントを含め、そしてもちろん(避けられないことだが)二人の決裂に至るまですべてウエブキャストした。「彼女はだだのスドーガールフレンドにすぎないんだよ。」ハリスは後にそう語った。しかし彼女は知っていたのか?そのころはハリスは所持していた8000万ドルをほとんど浪費しており、一般社会の生活に幻滅していた。彼はニューヨーク州北部にりんご園を購入し、ティモナーは彼を追って大地に帰還したハリスを発見する。友人とは音信が途絶えた。彼はそうしてあっと言う間に有名になったように瞬く間に人々から忘れ去られていった。このフイルムではふれていないが、彼はユーチューブのことをどう考えているのだろうか?フイルムの最後ではアフリカに住んでいるハリスがでてくる。しかしながらサンダンス2009で最高のドキュメンタリーに与えられる審査員グランプリ賞を受賞したときにはすっ飛んでやってきた。サンダンスはビジターが映画を見るどころか、テキスティングやサーフまたメールやツイッターなどから目をはなせない場所となった。ハリスはこれをどう受け止めるのか? かれは既に、テキストがタンディー100で読む速度よりかなりゆっくり伝送されていたころにそうなることを知っていた。これは奇妙で預言者的な男についての素晴らしいフイルムである。このフイルムは我々に何を語りかけているのだろうか? バーチャル・ライフを生きたことが彼を破壊したのであろうか?「WE LIVE IN PUBLIC」の実験が崩壊した後、かれが神経衰弱になったのはその実験が原因なのか? そういえばジェニー・リングレーを覚えているだろうか?彼女はウェブカメラの先駆者だった。彼女は1996 年4月から2003年まで自分の生活をオンラインで放映し、聞くところによると何十ミリオンもの金が舞い込んだそうである。
–ロジャー・エバート、Chicago Sun-Times

Advertisements
No comments yet

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: